循環器内科

  • HOME
  • 循環器内科

循環器内科

循環器内科ではさまざまな心臓病、末梢(まっしょう)血管疾患、胸部腹部大動脈瘤(りゅう)を診療してます。

心臓病では狭心症、不整脈、心不全といった疾患があり、さまざまな症状がありえます。
①横になると息が苦しくなる(心不全の症状)
②坂道を登ったりすると胸が苦しくなる(狭心症の症状)
③坂道を登ったりすると息が苦しくなる、どきどきする(心不全、狭心症の症状)
③かぜをひいたりするとよく息が苦しくなったり顔や足がむくんだりする(心不全の症状)
④歩いていると片方の足が痛くなる、休むとなおる(足の血管の動脈硬化の症状)

当院は下記検査を利用して患者さんの病気のコントロール、疾患の早期発見につとめています。

・胸部レントゲン
・心電図 心臓病を診るうえで基本的な検査です。
・心臓超音波検査 心臓の動きをみる検査です。弁膜症 心筋梗塞の診断に役立ちます。
・ホルター心電図  不整脈狭心症の検査です。
・血液検査 BNPの採血(外注になります)  心不全の評価に役立ちます。
PT-INRの採血(ワルファリンカリウム製剤の血中濃度測定)
ABI/PWV 測定検査  手足の血管のつまり具合、血管の硬さをみる検査です。